牛戦士トシのめっちゃ硬いエルボー

牛戦士の生活を徒然なるままに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

キャラ作りは罪作り

時は進んで院試が終わりました。TOEFLだけが10問くらい問題を見ずマーク
したのが気がかりだけどみんなそんな感じらしいので大丈夫でしょう!(願望)

話は変わって、自分は酔っぱらうと「自分が自分であるのが不思議」って状態になる。
哲学的に深い話ではなくて、「あれっなんで自分ってこんな顔なんやろ」とか
「なんで俺とあいつは兄弟なんやろ」とか自分の容姿から周りの環境に至るまで
不思議でたまらなくなるのだ。これって一般的なんだろうか。
ネットで調べようと思ったけどなんて検索かけたらわからないのでもし誰か
知ってる人がいたら教えて欲しいです。

また話は変わって、サークル生活が終わろうとしている。サークル生活とか音楽に
ついての話は学祭が終わったら書くとして、サークルが終わったらどうしようと
考えた結果、野球をしたいという結論に至った。完璧に「熱闘甲子園」のせいである。
草野球みたいな感じで出来たらいいなと思う。唯どうやってチームに入るかは全く考えていない。

バンドもサークルを卒業したらしづらいとは思うけど、やっていたい。
とりあえず今は明日のMANTRAのライブとmercuryが9月にライブ出来るのが嬉しい。







ホリエが若いww 若いときのホリエはサークルの後輩のtkdに似てる気がするのは
自分だけだろうか。。。今も好きだけどストレイテナーは昔のやけくそな感じが好きです。






スポンサーサイト
2011/08/26(金) 02:04:45 未分類 トラックバック:0 コメント:6

牛戦士、嗜む。

2010121317440000.jpg

バナナパウンドケーキを作ってみた。

ひたすら敵である牛を倒すばかりの日々に嫌気がさしていたのだ。
そこで牛から奪い取った憎き白い液体「牛汁」とその悪意の結晶「牛油塊」を
用いて作ってみたのである。

・・・おいしかった。牛も使いどころはあるものである。



理屈とかではない大きな説得力あるものを見たり聞いたりしたい。(*^_^*)






2010/12/14(火) 01:37:09 未分類 トラックバック:0 コメント:0

自分が肘を使うとカービーDXの星が割れるやつみたいになる。

肘打ち
from wikipedia 「肘打ち」

自分も肘を使用する際、こういう顔になります。



最近ずっと聞いている曲。GRAPEVINEからは押しつけがましくない
優しさを感じる。あと、voの田中さんは春日に似ていると思う。 2010/10/10(日) 00:35:30 未分類 トラックバック:0 コメント:0

肘について本気だして考えてみた。

梅雨も終わり、すっかり夏らしく暑くなってきたので僕の肘も
かつてのカチカチさを取り戻してきたがこれまで自分の誇れる
武器として使用してきたこの「肘」というものについて自分は
あまり知らないことに気づいた。

なので皆さんご存知「wikipedia」で肘を検索してみた。
すると自分が「肘」について如何に無知であったかを思い知った。
その他の欄にこんなことが書かれていたのだ。

・膝枕は膝頭の上の腿を枕にすることだが、肘枕(ひじまくら)は肘を
曲げて手の上に頭を乗せて寝ることである。膝枕と異なり、自分専用である。
他人を寝かせるときは腕枕(うでまくら)を使う。

・・・机の上などで寝るときによくやる姿勢のことだろうか。
でも、自分専用とか腕枕の下りはいらん気がする。

・肘笠は、肘を笠の代用にすること。

・・・ひ、肘じゃ雨は防げんやろ。

・肘笠雨といえば、にわか雨を指す。

いや、だから肘じゃ雨は(ry

こんなツッコミどころ満載なwikipediaでも最後に
こんな素晴らしいを書いてくれていたのだ。

・肘は拳と比較すると鋭くて硬く、打撃に使用する部位としては非常に優れている。

・・・やっぱり肘は最高の武器だった。
みんな、変なこと調べないでテスト頑張ろうぜ!!






2010/08/04(水) 01:33:26 未分類 トラックバック:0 コメント:4

I'm a cow of bad taste.

今日はテスト勉強の間に、久しぶりに映画を見た。タイトルは
「ランド オブ ザ デッド」。もちろんゾンビ映画である。

この映画はゾンビが知恵を持ったらどうなるかというのを一つテーマに
してるらしく、ゾンビが銃の撃ち方を覚えたり、川を渡ったりする。
特殊メイクもリアルで「おぉー」と思いながら気づいた。
「自分、これ見たことあるな・・・。」と。

結構展開は忘れていた(ゾンビ映画は展開なんてどれも似たようなものだ!)
から楽しめたけど、もう「何とか オブ ザ デッド」は種類が多くて把握
出来てないないようだ。

そんなのはどうでもよくてこちら、





最近、懐かしい曲をyou tubeとかで漁って聞いているけど、槇原敬之のメロディーは
すごいなぁと思う。頭に心地よく残る感じが好きだ。
こういうポップさは忘れたらいけないなぁとなんとなく思った。
あと、このPVの最後は悪趣味だ。イイネ!


2010/07/23(金) 03:01:32 未分類 トラックバック:0 コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。